投稿日:

「イワイホーム杯還暦野球10周年記念大会」が開催されました!

社長の岩井健一です。

桜が散ったかと思ったら、いつの間にか初夏を思わせるような陽気のGWがスタート、楽しいご計画を存分に満喫中の方、一方でいつも通りお仕事の皆さま、といずれもそれぞれにお忙しいことでしょう。

過日、体を動かすにも丁度心地よい季節、恒例のイワイホーム杯熊本県還暦軟式野球春季水俣大会が開催されました。

今回は10周年の記念すべき大会であり、4月20日には水俣市長 高岡利治様、熊本県議員 吉永和世(自民党県連政調会長)様を始め多くのご来賓の方々にもご臨席賜り盛大に前夜祭を執り行うことができました。ご出席いただきました皆様には厚く御礼申し上げます。

大会参加は20チームを超え、A~Dの4つのパートに分かれ予選を行い、それぞれ勝ち上がった4チームでの準決勝となりました。

それぞれのパートの代表チーム(準決勝)

Aパート代表:一新球友A  Bパート代表:八代巧球会

Cパート代表:山鹿球友     Dパート代表:トウヤクラブ

そして決勝ではトウヤクラブが5対1で一新球友Aを下し、見事初優勝を飾りました。予選からいずれも白熱した好ゲームが繰り広げられ、若い方にも決して負けない見ごたえのある素晴らしい試合ばかりでした。

野球を愛し情熱を注いでおられる参加された全ての選手と関係者の皆様、そして運営にあたられた連盟関係者の皆様、本当にお疲れさまでした。そしてトウヤクラブの皆様、初優勝を心から祝福致します!

 

さて弊社社訓には「ありがとうの家づくり」を掲げております。わたくしが創業時より31年間守ってきたこの「ありがとう」にはお客様に対する感謝の念は当然のことながら、職人さん、材料屋さん、家づくりに携わる全ての皆さんに対する感謝の気持ちも込めています。イワイホームは本当に多くの協力業者の方々に支えられながら歩んでまいりました。

過日、その協力業者の皆様で作る「イワイ会」の還暦・厄入りの御祝があり、日頃お世話になっている皆様と楽しいひと時を過ごして参りました。

IMG_3227

IMG_3228

還暦ブログ用

大工歴44年を超える熟練大工さんなど還暦を迎えられた3名の方々と、心身ともに変調をきたすといわれる厄入りを迎えられた社長さんは、皆様我が「イワイホームファミリー」の大事な仲間であります。日頃はなかなかお会いする機会もないのですが、これからも健康にご留意いただき、弊社をお支えくださいますように、といつも心に秘めている心からの感謝とお祝いの言葉を申し上げることができて嬉しい夜になりました!

熊本地震から2年、あの未曽有の大震災は熊本人の一つの時間の起点になった、とも言われます。熊本城の復旧工事の様子や益城町の区画整理事業の報道等さまざまな動きを目の当たりにし力強い復興の息吹を感じる一方で、今も仮設住宅や軒先避難の暮らしが続き復旧・復興を実感できない仮住まいの方々が38000人もおられるのが熊本の現状です。

経営の神様とも称される松下幸之助氏の教えに、「企業は社会の公器。企業は社会と共に発展しなければならない」とあります。まさに「共存共栄」の姿はわたくしの掲げる「ありがとうの家づくり」精神そのものであります。

今後もますます住宅会社の果たすべき役割は重大であり続けると考えます。イワイホームは社員一同、そして他社には絶対に負けない協力業者の皆様との固く強い絆でお客様にご満足いただける家づくりの実践に日々精進してまいります!

 

 

 

 

 

投稿日:

「Boys Be Ambitious!(少年よ大志を抱け)」~夢を持ち続けて生きる素晴らしさ

社長の岩井健一です。

先月末、桜の花が誇らしく咲き誇り、熊本では満開宣言がなされた時を同じくして、イワイホームの新しい顔となる常設展示場をオープンすることができました。

「アンビーハウジングパーク~KKT合志総合住宅展示場」への出店であります。

KKT4 KKT1

オープニングセレモニーの後、弊社展示場もオープン、お天気にも恵まれ弊社展示場には土曜、日曜で100組を大きく超える実に多くのお客様にご来場いただき、弊社がご提案する最先端の家作りをご体感いただき心より嬉しいイベントとなりました。

KKT5[1] KKT2[1]

イワイホームの新たな顔となるアンビー展示場では、われわれが31年間で培った徹底したお客様目線での家作りに根ざし、最先端の設備や内装、こだわりの家具・調度品等をご提案する一方で、機能的であって癒される調和のとれた豊かな生活空間を具現化、どの年代のお客様にもきっとご満足いただけるイワイホームの自信作が完成いたしました。まさに弊社の歴史に裏付けられ豊富な家づくりのノウハウがぎっしり詰まった集大成であります。住宅そのもののご提案にとどまらず、お客様それぞれのライフスタイルを充分に考慮した上で、最適の、快適な住空間をご提案したい~これからのイワイホームの新たな家づくりの柱となる弊社家づくりの真骨頂ともいうべき展示場と位置付けております。

もちろん弊社が自信を持って推奨する通気断熱「WB工法」の体感ルームも完備、「夏は涼しく、冬暖かい。深呼吸できる家」をご体感頂けます。

プランニングチームを中心に、お客様担当部門や家作りの現場担当者、広報等家づくりのプロが知恵を出し合い多くの時間を割いて完成したアンビー展示場。弊社全社員の想いがいっぱい詰まったアンビー展示場に是非一度ご来場くださいますようお願い申し上げます!

 

「Keep on Dreaming On Your Life」~夢を持ち続けよう!

「少年よ、大志を抱け(Boys Be Ambitious!)」とはあまりにも有名なクラーク博士の言葉であります。アンビー展示場の「アンビー」はこのアンビシャスに由来するそうです。志を心に持って、夢を目標にすること、その夢を持ち続けることは人生において素晴らしいことだと信じます。

31年前わたくしが会社を立ち上げた原動力も「掲げた志と夢の実現」にほかなりません。

人が家族と共に豊かな人生を送るための安らげる場所となる家作りを、何もないところからお客様と一緒に作り上げることのできる住宅の仕事がわたくしは大好きです。「夢のマイホーム」のお手伝いができる喜びとともに掲げた高い志を、創業当時から今もなんら変わらずわたしは胸に抱き続け、まさに夢を追い続けております。

家作りの概念は時代と共に進化しております。変わらない・ゆるぎない信念のもと、伝統的なイワイホームの家作りの良さを残しつつ、時代・環境の変化に対応できる最先端の家作りのあり方も取り入れるための研究を怠らず「ありがとうの家作り」をご提供を通して夢を形に変えていきます!

KKT3

 

 

追記~先月惜しまれつつも5年間の役目を終え、光の森トークランドが終了致しました。同住宅展示場では地場企業だけでの運営を成し遂げ、阿蘇の大水害後に建設した全国でも稀有な木造仮設住宅の常設展示を行うなど、同業のみなさまとも連携し志を高く掲げお客様に喜ばれる家作りのご提案に精進して参りました。光の森トークランドにご来場いただいたお客様はもとより、運営に携わってこられたすべての関係者の皆様に、5年間の常設展示を無事終えることができましたこと、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。

 

投稿日:

『努力は必ず報われる』~冬季オリンピックに感動!

社長の岩井健一です。

感動の平昌冬季オリンピックが終了しました。史上最多のメダルを獲得し、有終の美を飾った日本選手団のひたむきな姿に感動をありがとう、と心から拍手を送りたい気持ちです。連日報道されて知ることになった選手一人ひとりにまつわる様々なエピソードや陰で支えてこられた多くの支援者の方々との絆、などはまさに我々日本人が誇るべきもう一つのメダル・勲章であると感激しております。

女性選手の活躍が特に際立った今大会の中で、主将も務めた小平選手は実に見事な成績をのこした一方で、日本人としての心根の美しさ・優しさを世界中に向けて示してくれました。彼女曰く、「競い合い、高め合う姿がたくさんの人の心を動かすのだと思う」と改めて実感したそうです。冬季オリンピックは感動と共にわたくしたちに勇気を与えてくれた素晴らしい大会であったと思います。

さてイワイホームは永年、青少年の育成及びCSR(企業の社会的責任)の観点から地域密着・地域貢献活動の一環としてスポーツ振興事業への協賛を続けて参りました。

2月社長ソフト3

 

去る2月10日、11日に開催された「第28回全日本選抜ソフトテニス 熊本大会」もその一つで、例年にもまして多くの白熱した試合が繰り広げられ、特に高校生の活躍に目を見張るものがありました。

優勝された男子の部の上岡・広岡ペア(上宮高校)、女子の部の田邊・榎本ペア(どんぐり北広島)には心よりお祝い申し上げます。又参加された全選手とその関係者の皆様、および連盟はじめ大会運営に関わってこられた全ての皆様に感謝申し上げます。

2月社長ソフト

2月社長ソフト2

安達会長さまのもと熊本県ソフトテニス連盟はじめ関係者の皆様が競技人口の増加とそのレベルアップに熱心に取組んでおられるお姿には感銘致しております。

イワイホームは引き続きスポーツ振興事業を通して若者の夢の実現を応援してまいります!

(尚白熱した試合の模様はKABにて来週3月3日(土)午後1時より放映されます。どうか皆様ご覧くださいませ!)

 

まもなく熊本地震から丸二年が経とうとしております。

早かったようでもあり長い道のりでもあったような複雑な思いが去来致しますが、いまだ4万人近い方々が仮設住宅やみなし仮設での生活を余儀なくされていることからも復興道半ば、と言わざるを得ません。

そのような中で我が郷土のシンボルとも言える熊本城の修復は県民にとっても悲願の願いと言えるでしょう。わたくしも微力ながら「復興城主」制度に参加させて頂いたのですが、皆様の代表として誉れ高くも熊本市より感謝状を頂きました。

2月社長20180217 感謝状贈呈式

2月社長20180210 感謝状

 

冬季オリンピックや全日本ソフトテニス熊本大会でも改めて痛感した「努力は必ず報われる」という信念で、熊本の創造的復興も必ずや実現できると信じます。引き続き住宅業界で働く者としての使命感を胸に努力して参ります!

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:

「為せば成る 為さねば成らぬ何事も」

 

社長の岩井健一です。

2018年も早1ヶ月が過ぎようとしております、例年になく凍えるような寒い日が続きますが皆様、新年の幕開けはいかがお過ごしでしょうか。

熊本地震から早いものでもうすぐ2年とはいえ、いまだ仮設住宅での不便な暮らしを余儀なくされている方が4万人近くいらっしゃることからも、今年は復旧・復興を加速度的に進めていかねばなりません。

住宅業界に携わる者として身の引き締まる思いで新年を迎え、弊社社員にも仕事始めに私の想いを伝え、また社員ひとり一人の力強い今年の目標を掲げてもらい、31年目をスタートさせました。

IMG_4107 - コピー                                          (加藤陣社にて)

さて、過日、弊社協力業者会「イワイ会」の新年会が開催され、多くのご来賓の皆様にもご臨席賜り、日頃お世話になっている皆様に新年のご挨拶を行いました。ご挨拶の席をお借りして今年一年間の変わらぬご協力をお願いすると共に、弊社の今年一年間の意気込みをご理解いただく良い機会となりました。

一方では、昼間行われた懇親ゴルフコンペの表彰式等もあり、皆様の愉快な楽しいコメント等に笑いが絶えず、弊社はこのように多くの温かい皆様に支えて頂いているのだなぁ、と感謝の温かい気持ちで帰途につきました。

IMG_4119 

 

IMG_4202

 

IMG_4234

 

尚、イワイホームでは随時一緒に働く仲間を募集致しております。このブログをご覧の皆様、知人・友人・ご親戚の方で「夢と目標」をお持ちの方をご存じであればご紹介ください。楽しい愉快な我が社員と共に家づくりを通して、お客様と一緒に夢をかなえるという大きな仕事をやり遂げ大きな充実感・達成感を味わいながら、共に豊かな人生を送ろうではありませんか!

さて、新年の始まりにあたり弊社が掲げる年度方針は「為せば成る 為さねば成らぬ何事も」であります。

江戸時代後期に米沢藩主の上杉鷹山が家臣に歌として教訓を読み与えたといわれ、「どんなことでも強い意志をもってやれば必ず成就する」ということで、やる気の大切さを説いた言葉だと理解しております。

弊社は昨年、おかげ様をもちまして30周年を迎えることができました。これもひとえにお客様はもちろんのこと、弊社をお支えいただいている多くの皆様のお力の賜物だと肝に銘じております。

新しい年の幕開けに、若い社員も増えていることもあり、わたくしは原点回帰、この言葉を改めて弊社社員一人ひとりに期待を込めて創業の精神「イワイスピリッツ」に加えて贈ることにしました。

成り成り

 

今年もまた新たな分譲地の展開も含めイワイホームは挑戦を続けて参ります。時代の要請に応え、環境にも充分に配慮した新時代にふさわしい家づくりの実現をお約束いたします。

どうか住宅展示場やモデルハウス見学会等においてイワイホームの家づくりを多くの皆様にご体感頂けたら嬉しく思います。

 

投稿日:

今年もまた「感謝」の一年でありました!

社長の岩井健一です。

早いもので今年も余すところ数日となりました、このブログをご覧いただいている皆さんにとって今年はどんな一年となりましたか?

熊本地震から早1年8ヶ月、未だ仮設住宅での生活を余儀なくされておられる方も多く、復旧復興途上の年末年始であります。一日も早く全ての被災者の皆様が震災前の日常を取り戻せるよう住宅業界の一員として引き続き精進してまいります。

 

さてわたくしにとっては今年もまた「感謝」の一年でありました。

今年5月、思いもかけない栄誉ある国土交通大臣表彰を拝受致しました。過日、多くの方々にご臨席賜り、記念式典を開催させて頂きました。 

(元阪神タイガース 真弓選手のトークショーや踊りで賑やかな記念式典となりました!)

2 03 1  12 30 24 15

記念式典でもご挨拶させて頂きましたが、ひとえに、わたくしがご縁を頂いたおひとりお一人のご助力ご指導の賜物であり、常日頃からの温かな励ましにより頂いたものであると考えております。皆様のこれまでの御厚情に対しまして改めて感謝の念に堪えません。

わたくしは永年、同業者の皆様とともに熊本県優良住宅協会員として様々な活動を行って参りましたが、中でも災害復旧活動を通して地域建築工事業界に誠心誠意、精進することを心がけて参りました。このたび大臣表彰を拝受致しましたことは、そのような活動をご評価いただいたことも一因ではないかと考えております。しかしながら、それはわたくしの職業使命感とでもいうべきわたくしに与えられた天命である、と考えており、地域社会にご奉仕することは当然のことである、という信念から愚直に取り組んでまいっただけのことであります。

今回の国土交通大臣表彰を糧に、今後とも皆様方のご期待にそむかぬよう、粉骨砕身、なお一層の努力を重ねていく決意を、改めてここにお誓い申し上げます。

弊社は今年8月、おかげさまをもちまして創業30周年を迎えることができました。弊社をお選びいただき、ご新築くださったお客様の家は1100棟を超えており、イワイホームを可愛がっていただきお育ていただいたお客様には改めて感謝の気持ちでいっぱいであります。この間幾多の困難を乗り越えながらも、今日の基礎を築き得ましたことは、お客様は当然のことながら、御縁を頂いた全ての皆様方のおかげであり、陰日なたで御支援御鞭撻くださったすべての皆様のお力の賜物であると考えております。感謝の気持ちは言葉では言い尽くせぬ思いであります。

また、昨年には鹿児島県出水市に営業所を開設し、初めての県外進出も果たすことができました。分譲地の販売も順調に推移しており、今後もイワイホームは、新たな事業展開をとおして、県内外の幅広いお客様に、時代の要請に応えうる快適な家づくりをご提供すべく、さらなる挑戦を続けて参ります。

「正正堂堂」

わたくしが創業時に掲げた弊社の社是であり、わたくしの人生訓そのものであります。これまで本当に多くの方々にお支えいただきながら、幾多の困難に立ち向かうたびに、わたくしは、この「正正堂堂」を30年間、愚直に守り抜いて参りました。そしてその遺伝子はすでに弊社社員一人ひとりに浸透していると確信しております。

今年創業30周年を迎え原点回帰、改めて初心を思い起こし、お客様に対しては当然のことながら、弊社を支えてくださるすべての皆様に対し、常に感謝の気持ちを忘れずに、創業以来大事に守り続けてきた「ありがとうの家づくり」の原点を改めて見つめ直す良い機会となりました。

我々はこれからも、さまざまな環境変化に適応した、お客様にご満足いただけるような家づくりに日々精進・チャレンジしてまいります。新年も何卒イワイホームをご支援頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

皆様どうかご自愛にて良いお年をお迎えくださいますよう!

 

投稿日:

「We Serve!」~肥後東ライオンズクラブ会長としての1年を振り返り~

社長の岩井健一です。

top07

過日6月15日に1年間務めさせて頂いた肥後東ライオンズクラブの会長交代式を無事終えることができました。まずもって1年間支えてくださった会員の皆様、並びに関係者の皆様、又震災復興や献血活動、江津湖清掃等我がクラブの様々な奉仕活動やイベント、セミナーにおいてご尽力くださったクラブ内外の多くの皆様に心から感謝申し上げます、1年間お支え頂き、又ご協力頂きまして有難うございました。

top06

 

 

 

 

ライオン6-1

top04

 

             

 

 

思い返せばあの未曽有の大地震後の衝撃と消沈のただ中昨年6月、全員が被災者である我がクラブ会員は、ライオニズムの原点である奉仕の精神を胸に、それぞれ公私ともに繁忙極める中復旧・復興への第一歩を共に踏み出してくれました。

「ここから始めよう、創造的ふるさと再生。~輝く熊本、明日へ向けて We Serve!~」

3代目会長職を拝命し、わたくしは自ら我がクラブの先頭に立ち、誇り高きライオニズムの実践に努めることを誓いました。

top05

4期目の田中会長へバトンタッチしその役目は終えましたが、いまなお社会奉仕・社会貢献への情熱は何ら変わりありません。むしろ会長職経験者として様々な形で新役員はじめ会員の皆様をバックアップしていきたい、という意欲に燃えております。

「至誠通天」

会長職拝命にあたりわたくしはあくまでも自身の信念であるこの言葉を1年間のクラブスローガンに掲げました。ひとつ一つの課題に誠実に取り組み努力すれば、必ず願いは叶う。

はからずも天才と称される14歳の棋士・藤井四段が先だって前人未到の連勝記録を達成しましたが、彼の発言・姿勢から「至誠通天」を思い起こしたことは偶然ではないようです。

何はともあれ、1年間の肥後東ライオンズクラブ会長退任とこれからのクラブ運営の発展を願い、去来する様々な出来事を振りかえりながらこのブログを綴りました。

クラブから感謝状を頂きましたが、わたくしこそ皆様おひとりお一人に感謝状を差し上げたい気持ちです!ありがとうございました!

DSC_01259[1]

ライオンズクラブ感謝状

 

 

 

 

投稿日:

「意思あるところに道はある」

社長の岩井健一です。

政治不信にもつながりかねない一連の政治家と官僚の問題や共謀罪法案の是非に東京オリンピック開催に向けた諸問題、都知事選や築地・豊洲の移転問題etc。海外では相変わらず北朝鮮問題に米国トランプ大統領による地球温暖化防止のパリ協定からの離脱宣言、各地で巻き起こるテロ事件など国内外の政治、経済の先行きはは混迷を極め強い信念をもって生きていかなければ、と心穏やかではない日々が続きます。

「モチベーションの維持が難しくなった」

女子プロゴルファー 宮里藍さんの引退表明はあまりにも早すぎる感が否めませんが、実にすがすがしく凛としたプロとしての生きざまを見せてくれました。若くして才能を発揮するスポーツ選手には、ある種独特の輝きがあり、日本選手初の世界ランキング1位に上り詰めたのは流行りの「パワー」ではなく生命線のパット勝負。天才少女の才能の陰でひたむきな努力を決して怠らない選手でありました。「感謝の気持ちで一杯」。その見事な生きざま、あの笑顔と語り口に、テレビに向かって思わず拍手を送りたくなりました。

さて先月28日(日)、弊社初の県外での事業展開である「県立出水高校みなみ」(鹿児島出水市武本)分譲地においてモデルハウスが上棟、「構造見学会」と「もちなげイベント」を企画しおかげさまを持ちまして大変盛況裡にて開催することができました。

ブログ採用2 ブログ採用3

何より嬉しかったのは、県外ということで知名度も高くなくイベントの成功に不安も抱えながらの取組ではありましたが、お休みにも関わらず、現地でお世話になっている提携業者の皆様、わたくしの古くからの友人・知人やそのご家族、その他本当に多くの方々のご支援・ご尽力を賜ったことは驚きを禁じえないほど心より感謝しております。熊本地震直後にもたくさんの支援物資をトラックに積み込んでいち早く駆けつけて頂くなど、公私ともに大変お世話になっております。創業の年に熊本市東区戸島で試行錯誤の末、多くの方々のご協力を頂き初めて分譲・売出しイベントを開催した時の忘れえぬ感動。以来30年間、弊社は一貫してこのように社内外の多くの方々に支えられて時代を生き抜いてきたのだ、と胸の熱くなる思いで帰熊致しました。

ブログ採用4

ブログ採用5

鹿児島県出水市は熊本と隣接しており、水俣市にお勤めの方にも人気のエリアであります。間もなくモデルハウスも完成いたします。どうか新築ご計画等ご検討の方、周りでそのような方をご存知の皆様、本社および出水営業所へお気軽にお尋ねくださいませ。

ブログ採用1

「正正堂堂」

先日思いがけずこの言葉を30年ぶりに見つめなおす機会に巡り合いました。大相撲で大関に昇進した高安関の口上です。

「大関の名に恥じぬよう、正々堂々精進します」

実力に裏付けされた人気の理由には、失敗を繰り返しながらも多くの方々に支えられ様々な困難を乗り越えてきて今がある、という感謝の気持ちを忘れずに相撲と真摯に向き合う大関の人柄・姿勢に共感する人々が多いこともあるのではないでしょうか。

「感謝」、「正正堂堂」、「ありがとうの家づくり」

これが弊社の真髄であり「イワイスピリッツ」そのものです。

奇しくも高安関の相撲道における信念と、わたくしが築き上げてきた弊社の企業理念には相通ずるものがあり感慨深い思いでテレビに釘付けとなりました。

混沌とした時代背景の中、創業31年目に向け、「変わるべきこと」と「変えてはならないもの」を見極めながらも、お客様に喜んでいただける家づくりをご提供し社会に貢献したい。宮里藍選手や高安関の報道を通して、30年前の創業理念は今も何ら変りはないのだ、という誇りと自分のモチベーションを再確認する良い機会となりました。

 

 

 

 

投稿日:

創立30周年スペシャル 野村万蔵 くまもと狂言会

社長の岩井健一です。

おかげさまで弊社は今年8月をもちまして創立30周年を迎えます。熊本地震の発生から1年の節目となる去る4月15日、熊本城のお膝元である中心商店街において開催された「きてくだ祭」において「イワイホーム創立30周年スペシャル 野村万蔵くまもと狂言会」を特別協賛させていただきました。

DSC_1835 DSC_2144

狂言とは庶民の日常的なできごとを笑いを通して表現するせりふ喜劇です。その中でも「萬狂言」は狂言の名家 野村万蔵家を母体とした300年の歴史と伝統があります。古典演劇でありながら、誰でも楽しめる親しみやすい内容であり、熊本ではなかなかお目にかかれないとあって、当日は特設ステージに多くの方にお集まりいただき楽しんでいただけました。わたくしも大いに笑い、観客の皆さんの笑顔に元気をいただいた、そんな創立30周年の記念イベントとなりました。野村万蔵様、開催に関わってくださった全ての関係者の皆様に感謝の気持ちで一杯であります。

DSC_2160

DSC_2164

今後もお客様に感謝の気持ちをお伝えするべく、さまざまな記念イベントや新分譲地の展開を始め、従来から弊社を代表する家づくり「通気断熱WB工法」に加え、「ZEH(ゼロネットエネルギーハウス)」など住宅新時代に即応した最新の技術も取り入れた家づくりに、社員と共に日々邁進して参ります。

全戸南向きで明るく、環境・アクセスの良さでご好評を頂き分譲販売中の「シエル ヴィラ にれのき(全27区画)」。徹底した女性の目線で街づくり・家づくりをご提案しておりますが、GWにはいよいよ「ZEH(ゼッチ)」基準に対応の最新モデルハウス完成見学会を開催いたします。分譲地内では「通気断熱WB工法」の体感コーナーの他、お子様にも喜んでいただけるさまざまなイベントや飲食コーナーなど多数ご用意いたしております。お気軽にご家族皆さまでのご来場を是非お待ち申し上げております。

GWにれのき.zip

 

あの熊本地震から1年が経ちました。過酷な経験ではありましたがとても大切なことを気付かせてくれました。

先日、復興支援イベントで6機の青い機体「ブルーインパルス」が抜けるような熊本の青空を駆け、我々被災者に勇気と感動を与えてくれました。彼らの活動拠点は宮城県内の基地であり、自らも被災した経験をお持ちだと知りました。東北からやってきて励ましてくれた操縦士「ドルフィンライダー」の皆さんの勇姿の裏に、実に温かな優しい心を持つ日本人としての誇りを感じたのはわたくしだけではなかったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:

春本番へ、開花宣言も待ち遠しい今日この頃です!

社長の岩井健一です。

 

不安定なお天気の日々ではありますが、早いもので3月も終わり。卒業式シーズンも過ぎて春本番へ。今月は卒業式に向かう晴れやかな表情の子供達を見かける度にあの震災からもう1年が過ぎようとしていることを実に感慨深く、時の流れの速さに驚きます

特に卒業生とそのご家族にとって今年の卒業式は格別の想いが入り混じった忘れがたきものとなったことでしょう。

地震直後は母校に避難し、家族や級友と共に過ごした不安な日々。体育館で眠った夜、炊き出しの行列・・・といった光景から1年。学びやへの想いを胸にそれぞれの新しい人生へと踏み出す子供たちにエールを送りたい気持ちでいっぱいです。

大丈夫、あの2度に渡る未曽有の震災を乗り越えたたくましさでこの先のさまざまな困難にもきっと立ち向かっていけると信じます。

 

さて弊社では過日、ご好評をいただき分譲展開中の「シエル ヴィラ にれのき」において2棟目のモデルハウスが棟上げし「餅投げ」他さまざまなイベントを開催させていただき、多くの方々にご来場を賜りました。ご来場いただいた皆様、またご協力いただいた関係各位に心より感謝申し上げます。

 

モチナゲイベント

モチナゲその2

 

 

 

 

モチナベソノ3 

尚、徹底した女性目線で作り上げる「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)のモデルハウス」「通気断熱<WB工法>のモデルハウス」の自信作2棟はいずれもゴールデンウィークの完成を目指しており楽しいイベントの企画も着々と進行中です。

今後も弊社HPはじめさまざまなメディアを通じてご案内して参りますのでご期待くださいませ!(「ZEH」及び「通気断熱WB工法」につきましてはお気軽に弊社スタッフまでお尋ね下さいませ)

「シエル ヴィラ にれのき」の他、「アクアドーム南」、「合志市須屋」「長嶺東2丁目」をはじめ戸島(東区)、清水(北区)、松橋等熊本市内及び市内近郊に多数の分譲地をご用意しております。また、先月のこのブログでもご案内させていただきました弊社県外初分譲地の「県立出水高校みなみ(鹿児島県出水市)」も本格的に販売開始となります。

 どうかご新築を検討中の皆さま、一度弊社スタッフまで何なりとお尋ねくださいますようお願い申し上げます。ご資金計画等も含め家づくりのプロがお客様の立場に立って丁寧にご説明させていただきます。

 

 

とある熊本市内の高校の卒業生代表のあいさつを新聞で見かけました。「震災はたくさんのものを奪ったが、日常のありがたさと人のつながりの温かさも教えてくれた」

 

わたくしも今年8月の創業30年の節目を迎え、原点に立ち戻り、社是である「ありがとうの家づくり」を再確認しつつ、全社員一丸となってお客様目線の家づくりを実践する日々であります。

投稿日:

30周年の分譲第一弾は鹿児島の「県立出水高校みなみ」です!

社長の岩井健一です。

三寒四温と申しますが、春に向かって気候の変化もめまぐるしいような日々、桜の季節が待ち遠しい思いをされておられる方も多いのではないでしょうか?

さて我がイワイホームの30周年記念の年、第一弾分譲は初の県外進出にて鹿児島県出水市の「県立出水高校みなみ」です。

20170226社長ブログ写真鹿児島

県内有数の進学校である出水高校に程近く、幼稚園・小学校等教育機関にも恵まれた好立地であり、子育てファミリーにはうれしい明るい街並みに仕上がっております。30年の実績を踏まえた弊社が自信をもってご提供する「県立出水高校みなみ」。出水市に隣接する各市町村、特に熊本県水俣市の方々にも人気のエリアであります、どうか多くの皆様に知って頂き現地に足を運んでいただきたいと考えております。かごしま出水営業所の現地スタッフも常駐しておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

さて、弊社は今年も「全日本選抜ソフトテニス熊本大会」に特別協賛を行っております。去る2月12日(日)に行われた同大会は今年で28回目を迎え、熊本県のテニス愛好者、そして将来の代表選手を目指す小・中・高校生にトップ選手のプレーを観戦してもらうことでソフトテニスの素晴らしさを体感してもらうことを目的に、健全な青少年の育成も図るべく昭和61年より続く伝統ある大会であります。弊社は大会会長の安達先生はじめ関係各位のご熱心なお取組み姿勢に感銘、その主旨に賛同し永年特別協賛をさせて頂いております。

20170225ソフト社長1

220170225ソフト社長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尚、今大会の優勝ペアは熱戦の末、女子の部が若田・泉谷ペア(東芝姫路)、男子の部が水澤・長江ペア(NTT西日本広島)でありました。真におめでとうございます。

今大会に参加された全ての選手の方々、及び開催を支えてくださった全ての関係各位の団体・個人の皆様、また会場で、テレビ放映を通して応援くださった全ての皆様に感謝申し上げます。イワイホームは引き続きCSR(企業の社会的責任)の一環としても青少年の育成事業を積極的にご支援申し上げる方針です。

1290226スフとの当日

290226